有酸素運動は着実に痩せるのに効果的です。実際どんな運動が脂肪燃焼や引き締めに効くのか、有酸素運動以外にはどんなことをしたらダイエットに良いかを調べてみました。

有酸素運動で失敗しないダイエット!脂肪燃焼系美ボディの作り方

「ダイエットをしようと思う人は運動をし」のページです。

ページの先頭へ戻る

最終更新日:2017/08/23

ダイエットをしようと思う人は運動をしダイエットをしようと思う人は運動をし

ダイエットをしようと思う人は運動をしてダイエットを行うのは普通だと思うのですが、時間や目標を決めて取り組んでいるのでしょうか?出来ることなら毎日朝、夜なら夜などの決まった時間帯に運動した方が痩せやすい体になることが出来ます。

スリムアップを目指すには筋肉を付けて基礎代謝をガンガン上げていくこと大切です。

減少するためにはどのような筋トレが向いているのでしょうか?有酸素運動が効力がありますが、やり過ぎはかえって筋肉が増えにくいと言われています。大した程度でない有酸素運動の以後に筋力トレーニングを行い、最後に再び軽く有酸素運動を行うのが効き目が表れやすいようです。

有酸素運動は最低でも20分以上継続しないと大して、効き目がないといわれてきましたが、今は、休まず運動しなくても20分を超える時間を運動していればききめがあるといわれています。

また、筋トレのほとんどはぐっと息をつめて激しく動く運動ですが、無酸素、有酸素両方の運動を順々に行うことでそれぞれの効果をアップすることが成功します。

どうしても食事と食事の間にお菓子を食べてしまって、お困りの方はお菓子の代わりにスムージーを飲む置き換えダイエットはどうでしょう。自分好みの食材でスムージーを混ぜ合わせて作るのもいいですし、ネットやお店で専用の商品を買うこともできるでしょう。おやつ代わりやご飯代わりに飲むことで、痩せる効果が上がるんです。飲み込むときにスムージーを噛むとよりいいですよ。

歳と共にだんだんと体が張りがなくなってきました。

痩せるためには運動と食事の管理がベストだとは思いつつなかなか時間が確保できずに実行に持っていけませんでしたがつい最近、久しぶりに体重計で計ってみてはっとしたんです。

とりあえず、自然に運動をするために、日々徒歩にすることから始めてみました。これで僅かでも痩せると嬉しいです。

私は子供の誕生後、重くなった体を出産前の状態にもどすために、スリムアップと合わせて人生初の筋トレをしました。100%おっぱいで育児をしていたので、思うようにダイエットは進まなかったのですが、筋トレはかなり熱心に鍛えました。

おかげで、半年ぐらいでだいたい元のスタイルに返り咲くことができました。ダイエットの最中、つい甘いケーキなどを食べたくなりますが、ここはぐっとその気持ちを我慢することが重要です。

食べてしまったら、体重に出てしまいます。

もし、どうしても食べたくなった場合はカロリーが控えめのダイエットに適したケーキを作るように心掛けましょう。昔に比べて、肉がついてきたので、細くなろうと調べていたら、いい対策を見つけました。それは酸素を多く取り込む運動です。

有酸素運動の効果は抜群で食事制限をするよりも、ずっとダイエットできます。

実際、数週間前から有酸素運動に励んでいますが、あっという間に痩せてきて嬉しいです。

ウォーキングは思いのほか効果的なんだなと感動しました。

私がダイエットにチャレンジした時、自宅でもできる痩身法として腕立て伏せ、腹筋、スクワットをして、筋肉の量を増加することでからだの基礎代謝がアップしやすい状態にした後に、少々速足での散歩を30分以上やりました。

これをなるべく毎日継続することで、2ヶ月で5キロのスリムアップに成功しましたが、続けるのはとても難しかったです。

女性の立場では、結婚は一生に一度きりのはずのことなので、婚約してから、人並みにダイエットに精を出しました。

それから、エステにも行って見ました。

お金が色々と必要で2日間しか行けなかったけど、いつもはしないことをして少しだけ綺麗になれた感じがしました。自分が生きていくための必要エネルギーの数値を知ることは大事です。なぜなら、自分自身の代謝量がわからずに、自分にどのくらい摂取カロリーが必要なのかわかることは不可能だからです。若い時のような無理してダイエットするのが年齢の関係で体力的に厳しくなった分、日常生活から静かに数値を気にかけていたいと思うこの頃です。

一般的に言われることですが、基礎代謝の平均値は20歳過ぎからだんだんと落ちていきます。

これは成長期が終わったこととともに代謝量の安定が訪れたことと、運動量が減ってしまったことのために筋肉量もまた徐々に低下しているためです。

30代を過ぎ中年に差し掛かると太りやすくなってしまうのはこういうわけなのです。ダイエットしている間、欲望の中にある甘い物への欲求を抑えきれなくなった時に食べる物は、ずっと変わることなく寒天です。これは、その時の気分で味付けを変えられるので、飽きずに食べられます。特別、缶詰みかんが入った牛乳寒天と、サイコロ状に切った味付けしていない寒天にたっぷりきなこと少々の黒蜜をたらしたものがしょっちゅう食べているものです。

ダイエットに必須なのは、息の上がる程度の運動と筋トレです。

遅筋という筋肉は有酸素運動をするときに主に使われるのですが、筋肉トレーニングで使うのは速筋を使います。遅筋という筋肉は筋が肥大しにくく、マッチョみたいになりにくい筋肉です。

遅筋と速筋を一緒に鍛えると、バランスの良いスタイルが少しづつですが近づくと思います。

人間は年を重ねていくにつれて、体を動かすこと自体が減り、そのままにしていると、基礎代謝はぐんぐん下がっていく気がします。そのせいか、一生懸命、ダイエットをしても、中々思ったように体重が減りません。やはり、体質改善を先にやらないとやらないとダメですね。

始めに、体を温めるために、生姜湯から、行いたいと思います。寒い冬にはもってこいの飲料ですし、これがあれば代謝がアップするでしょう。

2011 有酸素運動で失敗しないダイエット!脂肪燃焼系美ボディの作り方 All rights reserved.